Arch Linux カーネルドキュメント

こちらはカーネルのドキュメントツリーの最上部です。カーネルドキュメントはカーネル自体と同じように、まだまだ発展途上です。分散しているドキュメントを整理してまとめる作業が進行しています。ドキュメントの改善提案は歓迎されます。ドキュメントの編集に参加したい場合は vger.kernel.org の linux-doc メーリングリストに参加してください。

ライセンスに関するドキュメント

以下のドキュメントでは Linux カーネルソースコードのライセンス (GPLv2) について説明しています。ソースツリーの個々のファイルのライセンスの宣言方法やライセンス全文へのリンクがあります。

アプリケーション開発者向けのドキュメント

ユーザースペース API マニュアルにはアプリケーション開発者が知るべきカーネルインターフェイスについて説明しているドキュメントが記載されています。

カーネル開発の始め方

以下のマニュアルにはカーネルの開発に関するあらゆる情報が載っています。カーネルコミュニティは数千人の開発者からなる巨大なコミュニティであり、年間を通じて開発されています。巨大なコミュニティの常、物事がどのように運用されているのか知ることで変更をマージしてもらいやすくなるでしょう。

カーネル API ドキュメント

以下のブックでは、カーネル開発者の視点から、カーネルサブシステムがどのように機能しているのか詳細に説明しています。情報のほとんどはカーネルソースから直接引用されており、必要に応じて補足を追加しています (あるいは追加することができた最低限 — 必要な補足が全て揃っているとは限りません)。

アーキテクチャ個別のドキュメント

以下のブックでは特定のアーキテクチャの実装に関するプログラミングの詳細情報を提供しています。

日本語訳

この日本語訳は ArchWiki の副読本として日本 Arch Linux ユーザー会のメンテナが非公式に翻訳・編集しています。翻訳文の提案や改善は https://github.com/kusakata/linux で受け付けています。

総索引